当社の『技術』についての『研究データ』

1.高天井用LED照明器具(ハイパワーLED)

当社LED照明の特徴当社の素材ACM-aが熱問題を解決!!

ACM-aをLEDモジュールの放熱基板に採用することでLEDチップが高温になることを防ぐと同時に、半田クラックを防ぎます。

【省エネ&高効率】
  • 器具効率が他社より良いため、消費電力が低く明るい
  •          
  • ・消費電力:109[W] (他社と同等以上)
  •          
  • ・消費電力:109・器具効率:102[lm/W](他社より有利)
【長寿命】
  • 新材料ACM-aをLED基板に採用。
  • 新技術ヒートブリッジ構造を採用し、熱問題を大幅にクリア。
  • ・排熱問題クリア
  • ・はんだクラック無し
【軽量】
  • 他社に比べて軽量。重量6.3kg
【水銀灯400W代替】
  • 水銀灯400Wと同等の照明配置設計が可能。
  •          
  • 広角配光。

環境試験結果資料提供:株式会社関電工

放熱基板に「ACM-a」を採用したことで、上記の熱問題を解決した当社LED照明は、高負荷環境にも耐えられる高い信頼性があります。

高温低温試験機

環境温度-30℃  15,000回 点消灯
環境温度+60℃  1,000時間  連続点灯

※同条件での一般的なアルミ基板の場合
点消灯 500~2000回
連続点灯 200時間  

テスト後も照度は落ちませんでした。

試験後も照度は全く落ちません!!

ACM-aとアルミの放熱比較  ~LEDモジュール~

2種類の素材(ACM-a、アルミ)でLEDモジュールを作製し、各々を同出力で駆動し、サチレーション後にサーモグラフィにて観察しました。
※LEDモジュールの下に設置したヒートシンクのサイズはどちらも(100×100×45mm)です

アルミ基板の方がACM-a基板に比べて、チップとその周辺部が白く温度が高いことがわかります。
ACM-a基板はLEDチップから発生した熱を素早くヒートシンクに伝えているため、チップ周辺がアルミ基板に比べ熱くなりません。

LEDチップの温度を下げることが、製品寿命を大きく伸ばす指数となります。

比較画像

ヒートサイクル試験

ACM-a基板と他社アルミ基板で、ヒートサイクル試験を行った結果です。
他社アルミ基板では600~1000サイクルあたりから不良率が向上しましたが、ACM-aは2000サイクルを超えても不良率は0でした。

結果グラフ

一般的なLED照明のイメージ

長寿命・高効率という印象を持ちがちだが、実際は温度対策を十分に行っていない製品はLEDが 高温になる為、寿命や効率を確保できない 。

電気を直接光に変えるLEDチップそのものはかなりの熱を持つのです。
そして熱中症によりチップや周囲の回路がダメージを受けて、明るさが低下したりそのうち光らなくなってしまうのです。

ジェイク・ダイソン氏

2.ACM-a

ACM-a(左) vs アルミ(右) 放熱比較

※動画は10分を10秒に短縮しています

1. 目的

ACM-aとアルミの放熱比較。

2. 結果

・ACM-aはアルミに比べて熱源の温度を下げ続けることができました。
 (熱源部がアルミの方がより白い→高温)
・熱源の電流をoffにすると、ACM-aはアルミに比べて短い時間で温度が下がりました。

3. 条件

比較試料 左: ACM-a 右:アルミ
試料寸法 185×140×2.5mm
熱源 20w ラバーヒーター(坂口電気製)
測定時間 10分
室温 22℃

acc-sozai02
acc-sozai02
acc-sozai02

素材一覧表のダウンロードはこちら


Download English version Material List here.