複合材料紹介

溶湯鍛造アルミニウム (AC8A) 

鋳巣の発生極少
高強度
高じん性

材 質:溶湯鍛造アルミ合金
用途例:空気圧縮機部材(旋回体)、コンプレッサー部材、振動部部材

製造可能サイズ(mm):金型による

 

AC8Aは熱膨張係数(thermal expansion)が小さいことから、ローエックス合金やピストン合金とも称されるアルミ合金鋳物です。
Al-Si-Cu-Ni-Mg系の合金で、耐熱性・耐摩耗性に優れています。
熱機関用ピストン、プーリ、軸受などに使われます。

当社溶湯鍛造法で鋳造されたAC8Aは、組織の微細化により亀裂伝播速度が他の製法(重力鋳造・ダイカストなど)と比較して小さく、高じん性・疲労強度が高い特徴があります。そのため振動箇所において高い信頼性を得らます。

エアブレーキ用コンプレッサーのうずまき旋回体の部材として実績があります。

機械的特性
引張強度 MPa 曲げ強度 MPa ヤング率 GPa
270~320 81
熱的特性
熱膨張率 ppm/K 比熱 Cp 熱拡散α 熱伝導率λ
20
密度ρ g/㎝3
2.7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加