アルミニウム合金基複合材料の製造方法の特許登録のお知らせ

特許第6821207号 「アルミニウム合金基複合材料の製造方法」が、弊社独自のプリフォーム成形技術である沈降法により以下の課題を解決する手段として、令和3年1月8日に特許登録されました。

【課題】

高品質のアルミニウム合金基複合材料を歩留まりよく得ることができるアルミニウム合金基複合材料の製造方法の提供。

【解決手段】

粒径が3μm以上のセラミックス粉末に、粒子径が15nm以上、200nm以下の粒子状のバインダーを混合してスラリー状にした原料を、容器内に充填し、混合させた粒子を沈降させ、液を除き、前記容器から取り出した沈降物である固化体を乾燥及び/又は仮焼して、セラミックス粉末を主原料とし、前記バインダーに由来する無機成分を含有してなる中間成型体を得るための成型工程と、該中間成型体に、高圧でアルミニウム合金の溶湯を含浸させる高圧含浸工程とを有し、前記バインダーが無機系バインダーを含み、該無機系バインダーを、固形分換算で、セラミックス粉末100部に対して、無機成分が3部以上、20部以下の範囲で含有するようになる量で混合させたアルミニウム合金基複合材料の製造方法。