【システム障害情報】:6月28日-7月20日にお問い合わせ頂いたお客様へ

当社の鋳ぐるみ製品

溶湯アルミニウムで一体化する「鋳ぐるみ」

概要

  • ヒーター線や水冷パイプなどを溶湯アルミニウムでくるむ技術
  • 溶けたアルミニウムで鋳ぐるみすることでアルミニウムの接点との空気層をなくし、熱伝導率と均熱性を大幅に向上させる
  • 高温仕様として、セラミックスやグラファイトを同時に鋳ぐるむことも可能

特徴

  • 空隙を無くすことができるため熱伝導率と均熱性が格段に向上
  • 鋳巣が少ないため伝熱性と均熱性に優れるので、素材の信頼性が高くヒーターの性能向上
  • 複合材料でヒーターを鋳ぐるみ、アルマイト処理できるアルミニウムで全体を覆うことが可能
  • 真空中で使用可能
  • 高温(450度)で使用可能

用途

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード・お問い合わせ